○○○○○○○○○○○○

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

2015.02.27更新

こんにちわ!!
bluefaces stylistの立石です(^∇^)

 

先日営業中、、、

変顔

びっくりしてこんな顔になりました!

 

なんと

 

かれこれ保育園くらいからの付き合いの地元千葉の友達が

初めてbluefacesに来てくれました!

 

しかも偽名で予約されてたので、気づかすカウセリングにいったらサプライズすぎてびっくり!

友

 

美容師やってて良かったです!

 

本当にありがとう!!!

投稿者: Bluefaces赤羽

2015.02.23更新

こんにちわ!!
bluefaces stylistの立石です(^∇^)

 

カラーの明るさで自分のヘアカラーのトーンがどのくらいかわからないお客様もいらっしゃると思います。

7トーンのカラーで染めたいけど、職場の明るさで決まっている7トーンは思っているより暗い色だ・・・

雑誌では10トーンと書いているがもうちょっと明るく見えるな・・・

などなど・・・

人形

その原因として、

 

この明るさはこの職種ではそんなに使わないから

ここからここの明るさは省いてしまおう

その代わりここからここの明るさはよく使うから

細かく区切ろう。

など、メーカーによって微妙にトーンが違って15段階や20段階のトーンの表記などによってわかりずらくなっています。

 

世界標準レベルというものが実在します。

1~10トーン表記です。

 

ただ世界標準レベルの7トーンだと結構な明るさになってしまうので

bluefacesでは20段階の表記でさせていただきます(^_^)

 

トーン1~3

1~3トーンは、赤みのない黒髪です。1トーンは青黒いです。

 

トーン4~6

4~6トーンは、黒髪に少し赤みを感じる明るさです。

4~5トーンは日本人の地毛の色(バージン毛)

6トーンになると、一般的にはヘアカラー施術を行わなければ存在しない明るさです。

トーン7~10

7~9トーンはまさにブラウンです

黒髪の場合には、ヘアカラーを行わないと存在しない明るさです。7~9トーンは「赤味のあるオレンジ=ブラウン」に見えるのでナチュラルカラーと言えます。僕は9トーンぐらいはカラーの発色がきれいに出やすいので好きです

トーン11~14

10~13トーンはライトブラウンです

7~9トーンに比べて、赤味が少なくなり、イエロー味が見えてきます。10トーンでオレンジの中にイエロー味が見え始め、11~13トーンになるとイエロー味が目立ってきます。

髪質にもよりますが、11~13トーンくらいが通常のカラー剤で黒髪から明るくできるトーンだと思います。

 

トーン15~17

14~17トーンは、もはやブリーチしなきゃ出ない明るさです。

14~15トーンは髪質によっては、前回11~13トーンでカラーして1ヶ月くらいすると退色したりしてなることもあります。

16~17トーンはブリーチを2回くらいしなきゃいけないくらいの明るさです。オレンジよりもイエロー味が強いです。



トーン18~20

18~19トーン、ブリーチを何回も繰り返してやっと出る明るさです。ダメージ具合は想像できないくらいです!

20トーンは僕は見たことありません(T ^ T)

 

 

髪の毛の明るさは色味や照明の色、太陽光、肌の色、洋服の色によって見え方が変わってきます。

人によっても色の見え方が違ってきます。

大事なのはトーンの番号ではなくて、自分がどう見せたいかと相手にどう見られたいかだと思います。

 

ぜひご来店際は相談して下さい★

投稿者: Bluefaces赤羽

2015.02.17更新

こんにちわ!!
花粉のシーズンがいよいよってことで、仕事中は「和漢箋」飲んでるbluefaces stylistの立石です(^∇^)

 

花粉

 

本日は休日を利用して

 

※矢吹ちおり氏による

「ニュースタッフを迎え入れるための準備セミナー」

ころせんんせー

に参加して勉強してきました。

 

指導を行う際の教え方のポイントはもちろん

 

正しいお辞儀仕方

(もも裏がつりそうになります。)

 

正しい言葉づかい

(✖️よろしかったでしょうか?→◯よろしいでしょうか?

   ✖️〜になります→◯〜でございます

    思い当たる場面が鮮明に浮かんで心が痛いです)

★正しい日本語は時代によって変わったりするみたいです

 

などなど

美容師じゃない講師の方だと見かたや考え方、教え方が新鮮で、

自分自身にも改めて見直すいい体験でした。

 

学んだことをしっかりブルーフェーセスに落とし込んで、お客様に心地良いサービスができるよう努めてまいります(^_^)

 

 

 

※矢吹ちおり氏

 

ANA国際客室乗務員としてファーストクラスの客室サービス担当。

その後、(株)ラフィネット総合企画チーフアドバイザーとしてビジネスマナー、接客サービス、電話応対等の講師活動を展開。

現在、店舗ディスプレイから接客まで、お店づくりを支援するエルベプランナーズ代表として活動中。

投稿者: Bluefaces赤羽

2015.02.10更新

こんにちわ!!
bluefaces stylistの立石です(^∇^)

 

サロンワーク中、お客様に「そろそろ白髪染めに切り変えたほうがいいでしょうか?」と質問されることがあります。

 

白髪染めはおしゃれ染めと違って、明るいカラーが楽しめない。

白髪染め=ほぼ黒

みたいなイメージを持っている方もいらっしゃると思います。

アインシュタイン

 

そもそも毛髪の色は、コルテックス内のメラニンによって決定されます。
メラニンには、ユウメラニン(黒褐色)とフェオメラニン(赤黄色)の2種類があり、このバランスや量によって毛髪の色に違いが出ます。
欧米人に比べアジア人の髪にはユウメラニンが多く含まられているため「黒髪」が多く、そして、このメラニンが少なくなった状態が「白髪」です。

毛髪の図

白髪と黒髪は、含まれているメラニンの量が異なるため、同じヘアカラー剤を使用しても、その染まりには違ってきます。

では、白髪染めとおしゃれ染めの違いは何かと言うと

 

色素量とブリーチ力のバランスの違いです。

 

おしゃれ染めは色を明るくする目的で使うことが多いので、ブリーチ力(脱色力)が高いです。その分、染毛力や色の濃さは低くなります。一方、白髪染めは色素の量が多いので染毛力が高い反面、こちらはブリーチ力が低いので、明るさが抑えられています。

 

もちろん白髪には白髪染めをしたほうがしっかり染められますが、

 

白髪が部分的にある方はベースはおしゃれ染めのカラーで白髪の多いとこだけ白髪染め

白髪じゃないところにハイライトを入れて、ベースを白髪染め

白髪が多い方は白髪に薄っすら色入れて、白髪のハイトーンを生かして明るめカラー

前回のカラーがちょっと明るく抜けてきたのを生かして、根元の伸びてきたところは白髪染めで、中間部分と毛先部分をおしゃれ染めで毛先に向かって徐々に明るくなるグラデーションカラー

 

などなど白髪染めでも明るめのカラーは楽しめます!

 

白髪染めのカラーリングでは、お客様の白髪量と求める仕上がりによって、

使用するヘアカラー剤や施術方法を的確に選定することが大切ですので、
しっかり染めたい、明るく楽しみたい。多様化するお客様のニーズをしっかりとお応えできるよう努めてまいります(^_^)

 

投稿者: Bluefaces赤羽

PageTop